::すくすく絵:細気管支炎011.jpg
細 気 管 支 炎(さいきかんしえん)
RSウイルス感染症
呼吸が苦しくなるので注意が必要です。
■ RSウイルスは、大人や子どもの風邪の原因になるふつうのウイルスです。

■ 乳児が感染すると細気管支炎という病気を引き起こすことがあります。
   □ 細気管支炎
     風邪が流行する冬に6ヶ月未満の乳児におこります。
     細い気管支(細気管支)の病気です。
     細い気管支がはれて、空気の通り道がふさがります。
     赤ちゃんの呼吸がぜーぜーと苦しくなります。
   □ 細気管支炎の症状
     細気管支炎は、鼻水、軽い咳、発熱など風邪の症状で始まります。
     1?2日の内に、咳がひどくなって、呼吸が速くなります。
     ・ 息をするときに、鼻の穴が広がる。
     ・ ろっ骨の間がぺこぺことへこむ。
     ・ うなりながら息をする。
     ・ 息を吐くときにぴゅうぴゅうと音がする。
     ・ 母乳やミルクを飲まなくなる。
     ・ 唇の周りや指先の色が青っぽくなってくる。
     ・ 発熱が続く。
     ・ 水分が十分に取れなくて脱水症状になる。
       ・口が渇いている。
       ・泣いても、涙が出ない。
       ・いつもより尿量が少ない。
■ 細気管支炎の家庭での手当

 ●鼻を吸い取ってあげましょう。
 赤ちゃんの鼻を直接吸い取るのが苦手なお母さんは、口にくわえて吸う市販のチューブ式が便利です。
 鼻スプレーを利用して生理食塩水で鼻うがい(スクスク59)もしておきましょう。
 鼻づまりがひどいときにはクリニックで吸引します。予約は不要です。

 ●部屋の温度と湿度
 部屋の温度は20度以上の高めにします。
 赤ちゃんの寝室は湿度を保つために、洗濯物を干したり、加湿器を置いたりしましょう。

 ●解熱剤 
 高熱が続いて元気のない時には解熱剤を与えてもかまいませんが、使いすぎないように。

 ●ミルク 
 母乳やミルクは回数を増やして少しずつこまめに与えましょう。

■ こどもクリニックでの治療 
      
 ●お薬 
 痰を切ったり、咳を楽にしたり、気道を広げるような薬です。
 抗生物質はウイルスには効果はありませんが、肺炎になるのを予防するために使うこともあります。

 ●吸入 
 症状がひどいときには、家庭でも吸入ができるように、吸入器をお貸しいたします。

 ●入院 
 呼吸器症状が強いときや、脱水症状があるときには入院する必要があります。

■ 予防                 
 RSウイルスに赤ちゃんを近づけないことが大切です。
 風邪を引いている人のそばに近づけないようにしましょう。
 赤ちゃんに触れる前には必ず手を洗いましょう。