佐々木こどもクリニック
Sasaki Children's Clinic

院長のプロフィール
■ 1950年福岡県生まれ
■ 1975年大阪医科大学卒業
■ 九州大学附属病院小児科 
   米国テキサス州ヒューストン・MD.Anderson病院小児科 
   愛知医科大学小児科などに勤務
   小児癌・白血病に関する研究に従事
■ 1990年名古屋市名東区に現「佐々木こどもクリニック」を開業

院長が取り組んでいること
■ 「待合室の絵本」プロジェクト
■ 「ブックスタート」の普及
   詳しくは「絵本」の所を読んでください。
■ ホームケアガイドの編集にも参加しています。


院長が楽しんでいること

■ 自転車に乗ること。特にアレックス・モールトンという自転車が好きです。    
■ 絵を描くこと。ノートのはしっこなどにちょこちょこと描く落書きが好きです。
■ 美味しいものを食べること。ついつい食べ過ぎてしまうのが困りものです。
■ 美味しいワインを飲むこと。酔っぱらうとお喋りが止まらなくなります。

院長もどきどきしています
■ 初めて当院を受診するときには「どんな先生だろうか」と、
   子どもやお母さん方も緊張していることと思いますが、
   同じように僕自身も初対面の患者さんには緊張しています。
   母子手帳、予防接種の記録、お薬手帳など持参していただくと助かります。
   病気のことだけでかぎらず、育児のこと、幼稚園のこと、学校のこと、
   何でも相談してみてください。
   小児科医は病気を治すだけでなく、
     健康な子どもを育てる役割を分担出来ることを楽しみにしています。

小児科医を育てるのは子どもと親です。  
■ 育児のことや家庭でのホームケアなどは
     大学病院の研究室や教科書では学べなかったことです。
     お母さん方のいろんな質問や情報がとても勉強になります。
     日常の診療の中でいろいろなことを学ばせて貰っています。

Sasaki Children's Clinic